与信管理の企業情報バンク沖縄(泰斗株式会社)は、沖縄県内の企業信用調査から市場調査、中小企業の応援サポートまで、常に企業に必要とされる情報サービス会社を目指しています。



トップページ >>> 代表メッセージ

代表メッセージ
代表取締役 山田 泰生

弊社パンフレットをご覧になっていただきありがとうございます。

私ども企業情報バンク沖縄は、大手が発信する会社倒産情報(事後情報)ではなく、取引前に取引先の動向 を確認する、いわゆる与信情報(事前情報)を中心に情報収集し、未然にリスク回避するための情報提供を行っ て参りました。

しかしながら、目まぐるしく変化する今日の市場環境において、中小企業は売上高の確保のためにリスクを 承知の上で取引に臨むケースが多く見受けられます。その背景には様々な理由が存在しており、例え取引先が 『危ないかもしれない』と知っていても取引しなければならない場合があるということです。 それは、つまり、事前情報(与信晴報)だけで、企業をリスクマネジメントするには限界があるという結論に行き つくわけです。現実的には、事前情報に加え、取引後に発生するトラブル解決策を含めた、包括的二づに高ま りを見せていることが昨今のトレンドと言えます。 これからの情報会社のあリ方は情報を単に発信するだけではなく、情報を駆使して、顧客と一丸となり降りか かる難責に対峙し、解決する。そうした誠のパートナーではないでしょうか。

この度、弊社はこの考えを実現するため『取引前~取引中~取引後の発生する問題の解決』に対する総合的 に支援サポートするための独自サポートフローを構築いたしました。企業として、顧客に必要とされる誠のパー トーナーになることを目指します。

企業情報バンク沖縄の総合的なサポートフロー

弊社の強みは、地元に根差した地域密着企業である基軸に、お客様との距離も近く、情報以外の様々な相 談についても、気軽に乗る『町のお医者さん』的存在にあると認識しております。

中小企業に起こりうるリスクに対して、独自のサポートフローを強みに全力で対応していくことが私ども『企 業情報バンク沖縄』の役割であり、使命であると考えております。

平成26年9月

代表取締役 山田泰生